top of page

そもそもEV(電気自動車)とは?



EV

この投稿はEV(電気自動車)についてちょっと深堀りしてみるシリーズ(全3回)の第1回になります。

今回の投稿では、まずもってそもそもEVとは何なのかについてご紹介して参ります。


 

1. EVの定義とは?

電気自動車(EV)は、従来の内燃機関を搭載した自動車とは異なり、電気エネルギーを動力源として動く車両です。EVは一般的に、蓄電池や超電導体などのバッテリーを搭載し、電気モーターを介して車輪を駆動し走行します。



2. EVの歴史

実はEVの概念は古く、19世紀に電気自動車が初めて登場しています。しかし、その後内燃機関の普及により、一旦EVは衰退してしまいました。しかし近年、環境保護やエネルギー安全保障の観点から再び注目を集め、技術の進化により普及が進みはじめています。



3. EVの種類

EVと一口に言ってもさまざまな種類があります。プラグインハイブリッド車(PHEV)は内燃機関と電気モーターの両方を搭載し、電気とガソリンの両方を利用します。一方、バッテリー電気自動車(BEV)は完全に電気で走行し、充電器でバッテリーを充電します。

今のところPHEVとBEVのどちらが良いかという点は、何を優先するのかによってメリット・デメリットが変わってしまいますので、断言するのが難しい状態です。



4. EVの利点

EVには多くの利点があります。それらは環境への配慮、エネルギー効率の向上、そしてメンテナンスの簡素化などが挙げられます。また、EVの普及により、二酸化炭素排出量の削減や都市の騒音低減などの社会的利点も期待されています。

その反面、高い静音性が歩行者にとっては車輌の接近に気づくのを遅らせてしまう要因となっている部分もあります。


 

EV(電気自動車)についてちょっと深堀りしてみるシリーズ(全3回)の第2回はこちら




EVレンタルについてのご相談などございましたらお気軽にお問合せください。


Comments


Commenting has been turned off.

専務が取り組む地域活動

unnamed.png

ビジネスだけにとらわれず、急がず焦らず継続できるように、楽しみながら課題を発見・解決できる団体を心掛け活動しています。

bottom of page