top of page

EVとV2Hの関係性


EVとV2Hの関係性

この投稿はEV(電気自動車)についてちょっと深堀りしてみるシリーズ(全3回)の第3回になります。


シリーズ最終回となる今回の投稿ではEVとV2Hの関係性についてご紹介して参ります。


 

1. V2Hとは?

まず「V2Hって何?」という方も多いかもしれませんので、簡単にご説明します。 V2H(Vehicle-to-Home)とは、EVのバッテリーを家庭用電力として利用する技術のことです。V2Hを利用することで電気自動車を蓄電池として利用できるようになるため、電気自動車から自宅への給電が可能となります。



2. 家庭のエネルギー管理への貢献

V2H技術は、家庭のエネルギー管理に革命をもたらします。例えば、停電時にEVのバッテリーを利用すれば、家電製品や照明を稼働させることができます。これにより、災害の時など停電したり、電力が途絶えてしまったときにV2Hを使えば、自宅の電気製品を稼働させることができます。




3. 再生可能エネルギーとの相性

再生可能エネルギー資源の普及と組み合わせることで、V2Hはさらに効果を発揮します。

簡単な例をあげると、太陽光パネルで発電した電力をEVのバッテリーに貯め、家庭用電力として利用することが可能です。これにより、再生可能エネルギーの利用率を向上させることができます。



4. 未来への展望

V2H技術はまだ発展途上段階にありますが、そのポテンシャルは大きいと言えます。将来的には、EVが家庭や社会のエネルギーインフラと連携し、より持続可能なエネルギー体系の実現に貢献することが期待されています。


 

以上のように、EVと合わせてV2Hを導入することで利用者にとって大変大きなメリットをもたらしてくれるシステム、それがVehicle-to-Homeなのです。



EVレンタル・V2Hシステムについてのご相談などございましたらお気軽にお問合せください。

Comments


Commenting has been turned off.

専務が取り組む地域活動

unnamed.png

ビジネスだけにとらわれず、急がず焦らず継続できるように、楽しみながら課題を発見・解決できる団体を心掛け活動しています。

bottom of page